40代からの有能化粧品選び~シミなしシワなしハピコスメ~

女性

しみを消す方法

顔の手入れ

ハイドロキノンでしみ治療

デパートの化粧品カウンターやドラッグストアなどでは、様々な美白化粧品が販売されています。美白化粧品はしみ、そばかす、くすみなどに効果がある化粧品です。市販されている美白化粧品は「予防」目的で使用するもので、できてしまったしみやそばかすを治す効果までは期待できないものがほとんどです。おすすめなのが「ハイドロキノン」配合クリームです。ハイドロキノンはしみを漂白する成分で、美容皮膚科のしみ治療に使用されています。ネットの個人輸入通販サイトでも、ハイドロキノンクリームが購入できます。ハイドロキノンにはコラーゲンの合成を助ける働きもあるため、皺・たるみに効くアンチエイジングクリームとしてもおすすめです。

予防を心がける

しみができる原因は、「紫外線」の影響が一番大きいと言われています。紫外線に当たることでメラニンが生成され、しみ予備軍ができます。しみ予備軍はターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質と一緒にはがれて落ちます。しかし、不規則な生活を送っていたり、間違ったスキンケアをしたりすることでターンオーバーが乱れると、肌に留まってしみとなります。普段からしみを予防するために、紫外線や生活習慣に気を付けて、美白化粧品でしっかりケアすることをおすすめします。美白化粧品には有効成分が角質層に浸透してメラニンの生成を抑える働きがあります。それでもできてしまったらハイドロキノンクリームや美容外科のレーザー治療がおすすめです。